断熱性能にこだわる新しい家作り

我が家は家を建てるにあたり非常にこだわったのが断熱性能のことなのです。私も主人も一軒家も実家で過ごしたことがありますし、一軒家の夏の暑さや冬の寒さを身を以て知っていました。我が家が選んだ断熱方式は付加断熱です。

もともと外断熱を選んだのですが、内側にも断熱施工がしやすいツーバイフォーだった為に、この付加断熱が可能になったのです。施工に関する知識等も建材の販売サイトで熟知していましたので、施工ミスなども度々指摘した部分もありましたが、結果的には自分達の満足いくような結果となりました。

断熱材には、 グラスウールやロックウール、アイシネン、ポリスチレンフォーム、硬質ウレタンフォーム、フェノールフォーム、セルロースファイバーなどがありますが、我が家ではロックウールと硬質ウレタンフォームを採用しています。予算や好みによっても断熱材の選び方は変わりますが、次世代基準以上までの性能は設けておく事が新しい家の快適な空間を保つ為には必要だと思います。
また、断熱性を高める家づくりには、窓を2重窓にするのが良い方法です。1枚の薄い窓では、どうしても外の冷たい熱が窓をつたって伝わりやすくなります。
その冷たさを2重窓にすることで、より冷たい外気が入るのを2重にカットすることができるのです。2重窓は後からでも今ある窓の枠部分に造ることができます。

今なら、最初から2重窓となっている仕様の窓もありますから、家を建てる時にその窓を選んで取り付けるといいでしょう。窓と窓の間にブラインドが入っているものもあり、それを自分で操作してはブラインドの角度を変え、外気をシャットダウンすることができます。

新築で建てるのでなくリフォームにするのであれば、1枚の窓の厚みにも注目するといいでしょう。高層マンション仕様の厚い窓にすることで、より断熱性を高めることができます。

他には、窓の外に雨戸を取り付ける方法です。雨戸を閉めるとより機密性が増しますし、冷たい外気をしっかりとシャットダウンできます。よって、かなりの断熱性を高めることができます。

2重窓を選び、さらにシャッター式で密閉性の高い雨戸を採用しました。
おかげで断熱性が高く、特に冬はほとんどといっていいほど暖房をつけることがなく快適に生活することが出来るようになりました。

<特別サポート>クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|内職|英語上達の秘訣|FXシストレ|英語上達の秘訣|ページランク ランキング|JALカード|住宅リフォーム総合情報|GetMoney|マッサージのリアル口コミ.com|アフィリエイト相互リンク|女性向けエステ.com|