吹き抜けの天井の窓から降り注ぐ日差しを取り入れた家

当時にとっても流行った吹き抜けは、本当に素敵だなと思いました。他の家にはないすっごく天井が高いところが驚きです。普通の家に行けば、ほとんどの家は天井までが3mほどしかありません。なのに、その吹き抜けはその倍の6mもあるのです。

驚くほどに高いその天井を仰ぎ見て、実に「おしゃれだなあ」と思ったものでした。その吹き抜けまでの天井は、まるで教会の天井かなと思うほどに高く、その天井近くの窓からは素敵な日差しが降り注ぎます。その日差しが反対側の階段へと降り注ぎ、その階段を美しく照らすのです。

日差しが当たる階段は色が増し、より美しい色に輝きます。その光りが今度は反対側の壁に反射します。それもまた美しく、光りの反射の楽しみができるわけです。

今の新しい家にも、こういった技法が用いられている家が多くなったなと感じます。それを見ると、何だか家の家と同じだと感じては、実に嬉しい気分になるのです。

もっとこういった技法を色々な場所に用いては、より明るい家にしたいと思いました。